メニュー

取扱チケット

【2月公演】『スルース ~探偵~』

2021年2月

演劇

ウインクあいち 大ホール

21.02.19-21sleuth

二人の男。密室。ゲームのような復讐劇。

イギリスの劇作家アントニー・シェーファーの最高傑作ミステリー 2021年2月上演決定!
「探偵 スルース」は1970年に英国で発表され、ブロードウェイ版はトニー賞を受賞、1972年にはローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインの主演で映画化され話題をさらった。
2007年にはノーベル賞作家のハロルド・ピンターが脚本を手掛け、監督:ケネス・ブラナー、主演:マイケル・ケイン&ジュード・ロウという超豪華メンバーで再び映画化されている大人気作だ。
日本でも数々の名優たちによって舞台化されてきたこの傑作ミステリーが2021年、新たに生まれ変わる!

今回、演出に加え、著名な作家ワイクを演じるのは吉田鋼太郎。俳優としての活躍にとどまらず、自身の劇団AUNや近年では石原さとみ主演舞台『アジアの女』、そして蜷川幸雄からバトンを受けた彩の国シェイクスピア・シリーズでも演出家として、芸術監督として手腕を振るう吉田が、この濃密な心理劇をどう料理するのか。
その吉田に真っ向から対峙するのは、柿澤勇人。成長目覚ましくミュージカルでの活躍はもちろんのこと、ストレートプレイや映像作品にも活躍の場を広げ、唯一無二の輝きから目が離せない存在だ。
年齢も、キャリアも、バックグラウンドも異なる二人の俳優の対決に期待が高まる!!

ストーリー
著名な推理小説家アンドリュー・ワイク(吉田鋼太郎)は、妻の浮気相手であるマイロ・ティンドル(柿澤勇人)を自身の邸宅に呼び出す。不倫ヘの追及を受けるものだと思っていたティンドルに対し、ワイクは意外にも、「妻の浪費家ぶりには困っている」、「自分にも愛人がいる」と切り出す。さらにワイクはティンドルに、自宅の金庫に眠る高価な宝石を盗み出してほしいと提案する。そうすることでティンドルは宝石とワイクの妻を手に入れ、ワイクは宝石にかかっている保険金を受け取り愛人と幸せに暮らすことができるのだ、と。提案に乗ったティンドルは、泥棒に扮しワイクの屋敷に侵入するが…

 アントニー・シェーファー
翻訳 常田景子
演出 吉田鋼太郎
出演 柿澤勇人 吉田鋼太郎

会場情報 ウインクあいち 大ホール(産業労働センター)
名古屋駅より徒歩5分
ユニモール地下街5番出口 徒歩2分
日程 2021年2月19日(金)19:00
     20日(土)13:00
     21日(日)13:00
※開場は開演の45分前です
チケット料金 全席指定:9,800円(税込)
一般販売 2020年12月18日(金)11:00~
主催者・お問合せ 主催:中京テレビ放送
お問合せ:中京テレビ事業 TEL 052-588-4477(月~金 11:00~17:00 /土・日・祝休業)
チケット販売終了予定日

名鉄ホールチケットセンターでの販売は、
窓口販売および電話予約の受付は公演初日の3日前、インターネット予約は公演初日の9日前で終了いたします。
(販売期間内であっても売り切れとなる場合がございますのでご了承ください。)

感染防止対策

■新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、万一来場者様から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へお客様の氏名及び連絡先を提供させていただく可能性がございますので予めご了承ください。

中京テレビ事業HP公演ページ(https://cte.jp/sleuth2021/)の新型コロナウイルス感染防止対策を必ずご確認くださいますようお願いいたします

 

その他

※未就学児のご入場はご同伴の場合でもお断りいたします。

取扱チケット

ページの先頭に戻る