omoino600

meitetsu mind ー商品に宿るスタッフの想いー

販売中

[本館] 6階

リビング

いつでもどこからでもモノが買える時代。そんな中、名鉄百貨店に足を運んでくださるお客さまに感謝の気持ちを込めて ー。

店頭ではお伝えしきれない取扱い商品の魅力をスタッフ自らお伝えさせていただきます。

#1「何だかいい やっぱりいい」は本物の証

〈石川鋳造〉おもいのフライパン



リビングフロアを担当して17年になります。元々キッチン用品などのリビングアイテムが好き。仕事も兼ねて様々なアイテムを使っています。フライパンもこれまでテフロンやフッ素、セラミックなど様々な加工を施したフライパンを使ってきました。しかし、しばらく使っているうちにコーティングが剥がれたり、色がついたり、焦げ付きやすくなったり…。長く使える鉄のフライパン、しかも熱伝導が穏やかで蓄熱性が高い鋳鉄(ちゅうてつ)のものを探していました。

そんな中「お肉がおいしく焼ける」と大人気になっていた〈石川鋳造〉の「おもいのフライパン」を売場で取扱うことに。それはまさに探していた鋳鉄のものでした。〈石川鋳造〉は鋳物業として盛んな愛知県碧南市に構える1938年創業の老舗鋳物屋。その高い技術力でよりよいモノづくりを、という職人さんの想いにも心打たれさっそく購入しました。

 



まさに「重い」と「想い」がつまったフライパン


実際に使ってみると...「とにかく料理がおいしくできる!!」このひと言に尽きます。初めて使った時は「なんだかいい…」ふたたび使うと「やっぱりいい!」使えば使うほど本物の良さを感じます。

お肉の場合、外はカリッと香ばしく中はじゅわっとジューシー。野菜は水分を逃さず歯ごたえがありシャキッと仕上がります。シンプルな料理もワンランク、ツーランク上の出来上がりに。

そのヒミツはやはり高い熱伝導性と蓄熱性。素材をフライパンにのせた時の”ジャジャッ”とした音が熱伝導の高さを物語ります。持ち上げると20㎝のもので約1.2㎏とフライパンの中でも重く、また厚くつくられています。たしかに重いのですが、それを上回る良さがありついつ手に取ってしまいます。また、安全・安心の無塗装でありながら特殊な熱処理が施され、さびや焦げ付きが発生しにくくなっているのも魅力。今では朝食から夕食まで生活にかかせないものとなりました。

まさに「重い」と「想い」がつまったフライパン。お料理するのが楽しくなる逸品です。



〈石川鋳造〉
おもいのフライパン
(20㎝
)…税込11,000円
(24㎝)…税込16,500円
(26㎝)…税込17,600円

■[本館]6階 リビング

ページの先頭に戻る