meitetsu_low-carbohydrate-life_l

[めいてつローカーボ生活] 管理栄養士 渡邉先生のコラム 8

開催中

おすすめレシピ2

お勧めのレシピを3品ご紹介します。


アボガドチーズ

糖質が少なく、脂質の多いアボガドとチーズの簡単レシピ。一品でも間食でもお勧めです。

材料(1人前)

・アボガド…1/2個
・チーズ…50g
・好みでブラックペッパーやタバスコ少々

作り方

(1)アボガドは皮をむいて種を除き、一口大に切る。
(2)フライパンにとろけるチーズを入れ中火にかける。とろけてきたところでアボガドをのせる。
(3)好みの固さに焼いたら完成。

ポイント

わざわざフライパンでは…と言う方は、材料を耐熱皿に入れオーブントースターで10分焼くとよいです。

糖質量:材料すべて1.6g


ごろごろ具材のスパニッシュ風オムレツ

材料(直径20cm、厚み4cm程度の鍋で調理)

・鶏卵(M)…7個
・水…100ml
・塩、こしょう…少々
・顆粒コンソメ…小さじ1杯
・オリーブオイル…大さじ3杯
・ソーセージ…4本
・茄子…1/2本
・ズッキーニ…1/2本
・パプリカ…1/4個
・ブロッコリー…3房 
・とろけるチーズ…50g

※今回の材料以外でも糖質の少ない具材なら何を入れてもOK。
(例)ベーコン、豚バラ薄切り肉、カリフラワー、ほうれん草や冷蔵庫に少し残っている野菜、肉など。

作り方

(1)ボウルに玉子を割り入れ塩こしょう、水、コンソメを入れよく混ぜる。
(2)具材をすべて一口大に切る。
(3)フライパンや鍋にオリーブオイルを入れ中火にかける。(2)の材料を入れ油が絡む程度に炒める。
(4)そこに(1)を流し入れ全体を軽く混ぜる。
(5)ふたをして弱火にし、10分程度焼く。
(6)中心を触ってみて卵が固まっていれば完成。食べやすい大きさに切り分ける。

※大きめのフライパンで作るときは厚みが減るので焼き時間を半分にしてください。

ポイント

先に具材を油で炒めることにより脂質摂取増加!色々な食感も楽しめる腹持ちのよい卵料理です。

糖質量:材料すべて8.7g 8等分で1切れ1.1g


手羽先の煮物

少量よりまとめて作り冷凍保存にお勧めです。

材料(4人分)

・手羽先…8
・大根…1/2
・板こんにゃく…2
・生しいたけ…7
・水…1リットル
鶏ガラスープの素…大さじ3
・酒…大さじ2
・みりん…小さじ1
・醤油…大さじ4
・鷹の爪…お好みで
・ごま油…大さじ3
・好みで青ネギを少々

作り方

(1)フライパンにごま油を入れ手羽先を焼く。焦げ目が付いたらひっくり返して両面焼く。(完全に火を通す必要はなし)
(2)大根は乱切り、こんにゃくは手でちぎって余力があれば熱湯をかけあく抜き、椎茸も手でちぎる。
(3)大きめの鍋に水を入れ沸騰してきたら鶏ガラスープの素、酒、みりんを入れ再度沸騰したらこんにゃく、椎茸、大根を入れ10分ほど煮詰める。
(4)(3)に(1)の手羽先をごま油ごと入れ弱火~中火でことこと煮込む。大根が柔らかくなってきたら醤油を2回に分けて入れ味をしみこませる。
(5)好みの固さに煮えたら完成。

ポイント

手羽先を焼いた脂を捨てないこと!鶏の手羽肉の脂、炒め脂両方摂取で腹持ち良いおかずです。

糖質量:材料すべて34.3g 1人前8.6g


次回もお勧めレシピを紹介予定です。


コラム著者 渡邉 志帆 氏 (わたなべ しほ)

灰本クリニック管理栄養士。NPO法人日本ローカーボ食研究会所属
1988年生まれ。2010年名古屋経済大学管理栄養学科卒業後、高齢者施設の管理栄養士を経て2014年より現職。ローカーボ食により糖尿病と肥満の治療、および低体重患者の栄養管理の指導を行っています。

NPO法人日本ローカーボ食研究会は、ローカーボ(糖質制限、低炭水化物)食による糖尿病・メタボリック症候群の治療を安全に、そして有効に実施する為に2011年3月に灰本氏を中心に設立されました。ローカーボ食の科学的な研究、海外文献の紹介、定期的な研究会開催などを行い、それを基に医療機関だけでなく食品・健康機器関連会社、製薬会社、一般の患者さんへ啓蒙と普及を目的としています。ローカーボ食の有効性だけでなく弱点や課題も含めた総合的な科学情報を提供します。現在、東海地方を中心に10の病院・クリニック等が協賛医療機関として登録しています。

灰本クリニック
http://www.haimoto-clinic.com/

日本ローカーボ食研究会
http://low-carbo-diet.com/


[めいてつローカーボ生活]トップへ

ページの先頭に戻る