めいてつローカーボ生活

[めいてつローカーボ生活] 管理栄養士 渡邉先生のコラム 17

開催中

おすすめレシピ

寒くなってきました。今回は温菜3品を紹介したいと思います。
メインのおかずとしても、副菜としても活躍してくれます!


豚肉のネギ巻き

豚バラ肉の旨味をネギが閉じこめ、とてもジューシーな一品です。

材料(2本分)

・豚バラ肉(薄切り)…200g
 ※細切れではなく大きめのスライスの方が巻きやすいです。
・薬味ネギ…1束
・塩胡椒…少々
・ゴマ油…大さじ3

作り方

(1)ネギは根本を切り、半分の長さにカットし、軽く水洗いする。水気を取っておく。
(2)まな板に豚バラ肉をネギの長さに並べ、塩胡椒する。(少しはじを重ねて隙間なく並べる)
(3)(2)にネギをのせ手前から少しきつめに巻いていく。これを2本作る。
   ※1本に、根本と葉先両方を半量ずつ使う。
(4)フライパンにゴマ油を入れ、巻目を下にして(3)を並べる。
(5)弱火~中火で豚肉に火が通るまで焼く。
   ※強火で焼くと表面のみ焦げてしまうので注意!
(6)全体がこんがりしたら、食べやすい大きさに切って完成。
   ※豚肉に火が通る程度に焼く。

栄養成分

材料すべて含む 糖質:3.2g、脂質:107.1g


エノキの油揚げ巻き

中の具材は小松菜やほうれん草など他の物でも美味しく作れます。

材料(1~2人前)

・油揚げ…6枚
・えのき…1袋
・爪楊枝…6本
・サラダ油…大さじ3
☆水…50CC
☆濃口醤油…小さじ1
☆だしの素…小さじ1/2
☆塩胡椒…少々

作り方

(1)えのきは石づきを切り落とす。油揚げは1辺を残し切れ目を入れ1枚に細長く開く。
(2)まな板に開いた油揚げを縦に置く、手前にエノキを1/6量のせ巻き、最後は爪楊枝で止める。
(3)フライパンにサラダ油を入れ中火で熱し(2)を並べて両面がこんがりするまで焼く。
(4)揚げに焦げ目が付いたら☆の調味料を入れふたをして蒸し焼きにする。
(5)
水分がなくなってきたら完成。

栄養成分

材料すべて含む 糖質:5.9g、脂質:98.3g


レンジで簡単、レタス焼売

材料(1~2人前)

・豚ミンチ…100g
・レタス…1/4個
・お好みで付け合わせ(彩り程度です)ミニトマト…1個

〈ミンチ下味〉
・塩胡椒…少々
・ごま油…大さじ1
・オイスターソース…小さじ1
・鶏ガラスープの素…小さじ1/2
・酒…大さじ1
・醤油…小さじ1/2

作り方

(1)レタスを洗い水気を切ったら粗みじん切りにする。
(2)ボウルに豚ミンチ、下味の調味料をすべていれ混ぜ合わせる。
(3)耐熱容器に2/3量のレタスを敷き、その上に丸めた(2)をのせる。残りのレタスを上からのせる。(肉ダネはなるべくくっつけず、感覚を開けて並べる)
(4)ふんわりサランラップをかけ、600Wで3分30秒~5分加熱する。 (加熱が短いとレタスのシャキシャキ感が強く残ります)

ポイント

下味が付いているので、つけだれはなく食べられます。お好みでマヨネーズを足してもOK。

栄養成分

食材すべて 糖質:3.7g(ミニトマトを追加するなら+0.9g)、脂質:29.3g


コラム著者 渡邉 志帆(わたなべ しほ)

灰本クリニック管理栄養士。NPO法人日本ローカーボ食研究会所属
1988年生まれ。2010年名古屋経済大学管理栄養学科卒業後、高齢者施設の管理栄養士を経て2014年より現職。ローカーボ食により糖尿病と肥満の治療、および低体重患者の栄養管理の指導を行っています。

NPO法人日本ローカーボ食研究会は、ローカーボ(糖質制限、低炭水化物)食による糖尿病・メタボリック症候群の治療を安全に、そして有効に実施する為に2011年3月に灰本氏を中心に設立されました。ローカーボ食の科学的な研究、海外文献の紹介、定期的な研究会開催などを行い、それを基に医療機関だけでなく食品・健康機器関連会社、製薬会社、一般の患者さんへ啓蒙と普及を目的としています。ローカーボ食の有効性だけでなく弱点や課題も含めた総合的な科学情報を提供します。現在、東海地方を中心に10の病院・クリニック等が協賛医療機関として登録しています。

灰本クリニック
http://www.haimoto-clinic.com/

日本ローカーボ食研究会
http://low-carbo-diet.com/


[めいてつローカーボ生活]トップへ


関連ショップ

ページの先頭に戻る