meitetsu_low-carbohydrate-life_l

[めいてつローカーボ生活] 医師 灰本先生のコラム 15

開催中

食事ではLDL-コレステロールはほとんど下がらない

わたしのLDL-コレステロール値は60歳までは何も苦労をしなくても100mg/dl以下を10年以上も保ってきたのですが、60歳を超えたあたりから次第に上がって今年は150前後となりました。正常値は70-140です。ゆるやかな糖質制限食は15年間かわらずに続けていますし、最近の数年間は余暇に運動も始めています。それでも上がってしまうのは老化とあきらめるしかありません。

悪玉と言われていつもかわいそうなのがLDL-コレステロールです。人体のなかでは細胞膜の構成成分というりっぱな役割があります。たしかに、血液のLDL-コレステロール値が高いと心筋梗塞になりやすいは事実ですが、喫煙、高血圧、糖尿病の3つの危険因子のどれも持っていない日本人では、たとえ高くても心筋梗塞を発症することはまれです。一方、大規模な研究によると日本人ではLDL-コレステロール値が70未満になると脳出血が増えるようです。

糖尿病がある人ではLDL-コレステロール値が140でもきわめて危険で、世界的には90まで下げることになっています。当院では100-130まで薬で下げていた糖尿病患者さんでも心筋梗塞が発症してしまう場合が少なくないので、数年前から徹底して90以下に下げています。そこまで下げるとほとんど発症しません。

そのような患者さんにスタチンというコレステロールを下げる薬を開始するとき、薬を飲みたくないのでなんとか別の方法がないものか、そのような相談を毎回受けます。HDL-コレステロール(善玉)は運動やゆるやかな糖質制限食を続けると確実に上昇しますが、LDL-コレステロールを下げる方法はなかなかありません。

灰本クリニックの最新のデータによると、139人の男性糖尿病患者さんがゆるやかな糖質制限食を6か月間続けてもせいぜい1mg/dlしか下がりませんでした。アメリカ臨床栄養学会誌20191月号には「LDLコレステロール値を下げるために食品に含まれるコレステロールを減らす食事療法をおこなった60編の研究を総合的に解析すると、食事中のコレステロールを200mg(卵一個に含まれる)ほど制限しても、血液のLDL-コレステロール値はわずか4mg/dlしか下がらない」と結論づけています。卵2個減らしてもせいぜい8下がる程度で、食事中のコレステロールをがんばって減らしてみても心筋梗塞を予防できるレベルのLDL-コレステロール値90以下には至らないことがわかります。

それに比べて、スタチンという薬はジェネリックを使うと常用量の半錠で7円(3割負担の場合)ときわめて安価ですが、なんとLDL-コレステロール値を40mg/dlも下げ、1錠15円では80も下げることができます。わたしの15090以下までさげるのにわずか1日10円の費用しかかからないのです。20年飲み続けても3割負担では約4万円の薬代です。ところが、心筋梗塞や狭心症で一泊入院して冠動脈にステント(血管を広げる金具)を入れると、3割負担で100万円という膨大な費用がかかります。胃癌の手術を受けて10日入院してもせいぜい50万円程度ですので、心筋梗塞に治療費用は破格に高いことがわかります。それに100万円は自己負担であって、残りの200万円はわたしたちの税金なのです。

このような科学的事実と医療経済を踏まえると、わたしは患者さんにローカーボや運動でがんばるのは糖尿病治療、体重減量などの目的だけとして、LDL-コレステロール値を下げる目的ならスタチンを飲むのが一番正解と説明しています。ちなみに、スタチンの化学名はHMG-CoA還元酵素阻害薬、その発見者は日本人(1973年)、製品化はアメリカで行われました。発見者は常にノーベル賞候補に上がっています。


コラム著者 灰本 元 氏 (はいもと はじめ)

医師、灰本クリニック院長、NPO法人日本ローカーボ食研究会代表理事
1953年山口県生まれ。1978年名古屋大学医学部卒業。関東逓信病院(現 NTT東関東病院)内科レジデント、名古屋大学医学部大学院(病理学)、愛知県がんセンター研究所病理部、中頭病院内科(沖縄市)などを経て、1991年に愛知県春日井市に灰本クリニックを開業。診療の特徴は高血圧、糖尿病、ローカーボ食、癌の診断、漢方医学など。

NPO法人日本ローカーボ食研究会は、ローカーボ(糖質制限、低炭水化物)食による糖尿病・メタボリック症候群の治療を安全に、そして有効に実施する為に2011年3月に灰本氏を中心に設立されました。ローカーボ食の科学的な研究、海外文献の紹介、定期的な研究会開催などを行い、それを基に医療機関だけでなく食品・健康機器関連会社、製薬会社、一般の患者さんへ啓蒙と普及を目的としています。ローカーボ食の有効性だけでなく弱点や課題も含めた総合的な科学情報を提供します。現在、東海地方を中心に10の病院・クリニック等が協賛医療機関として登録しています。

灰本クリニック
http://www.haimoto-clinic.com/

日本ローカーボ食研究会
http://low-carbo-diet.com/


[めいてつローカーボ生活]トップへ

ページの先頭に戻る