両口屋是清

茶どころ・名古屋の御菓子所、両口屋是清は寛永十一年(1634年)大阪の菓子司・猿屋三郎右衛門が尾張藩御用菓子製造のため召され、那古野本町に開業したのが始まりと記録に残されています。貞享三年(1686年)には第二代尾張藩主徳川光友公から直筆表看板「御菓子所両口屋是清」をいただきました。

[本館] 地下1階
和菓子
売場スイーツステーション
052-585-2131
取り扱い商品
千なり、をちこち、おととき山、二人静、ささらがた、よも山、旅まくら、志なの路、季節の棹菓子

食品アイテム・ブランド検索

ページの先頭に戻る