結納のしきたり

結納は、お二人の婚約を公表するとともにご両家の正式な親戚関係を成立させる日本の伝統的なしきたりです。感謝と誠意の象徴として五品目・七品目・九品目の縁起の良い奇数で取り揃えた結納飾りとともに婚約指輪、目録、家族書、親族書を先方に納めます。

結納の品

結納の品々には次のような意味が込められています。

  1. 熨斗(のし)

    鮑を干して長く伸ばしたのしあわびのことで祝儀の象徴です。不老長寿を表します。

  2. 小袖料(こそでりょう)

    いわゆる結納金のことで花嫁衣装を用意する替わりに現金を包みます。

  3. 家内喜多留料(やなぎたるりょう)

    清酒を入れた柳樽のことで現在では現金を包みます。

  4. 寿留女(するめ)

    食べ物に困らないようにとの願いを込めた保存食品として貴重なするめのことです。

  5. 友白髪(ともしらが)

    白い麻糸を束ね、ともに白髪になるまで添い遂げるようにとの願いです。

  6. 子生婦(こんぶ)

    よろこぶに通じる昆布のことで、子宝に恵まれ子孫繁栄を願います。

  7. 寿恵廣(すえひろ)

    末広がりに通じる繁栄を祈ります。

結納の日取り

お祝い事は暦を参考に挙式前の6~3ヶ月の縁起の良い「大安」「友引」の午前中が多く選ばれています。

結納当日の準備

男性側

結納飾り一式、結納内容を記入した目録、小袖料、家内喜多留料(新札)、婚約指輪、家族書、親族書、 ご先祖様、ご家族様のお土産、ふくさ、広蓋、風呂敷、毛せん、礼装用扇子
※結納は地方によってしきたりに違いがあるので、事前にご相談ください。

女性側

結納の受書、家族書、親族書、ふくさ、広蓋、風呂敷、礼装用扇子、桜茶、引菓子・お土産・結納品を飾るスペースを準備しておきます。

結納品選びのポイント

最近は結納飾りを小さくしたものも人気があります。 めいてつの結納品はすべて手作り、目録は手書きでご用意させていただきます。 東海地方をはじめ全国各地のマナーや習慣から結納飾りまでご相談承ります。

引出結納

男性側から贈られた結納に対してお返しをするのが引出結納です。 婚約の記念として腕時計やオーダースーツなど多少高価でも普段身につける物を贈るのが人気です。

ページの先頭に戻る